オークランドのいいところ(贖罪)

はじめに

 

こんにちは。モイです。

以前、こんな記事を書きました。

 

moy-blog.hatenablog.com

 

この記事の締めはこうです。

 

(((物事には良い面と悪い面がある)))

 

というわけで今回は僕の考えるオークランドのいいところをつらつらと綴っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

多国籍である

 

オークランドにはたくさんの国から人々がやってきます。

 

アジア系の人もいるしアフリカ系の人もいます。

 

僕が今住んでいる地域はかなり田舎なのですが

町を歩くだけで周りの人からジロジロ見られます

 

オークランドにいたときはそんなことなかったので

その点すごく楽だったなぁと後になって思いました。

 

日本食レストラン(ジャパレス)が多い

 

海外にいると日本食が恋しくなるもの。。。

オークランドを歩くと日本食レストランを結構見かけます。

 

僕は声を大にして言いたい。

これは本当に有り難いことである!!!と。

 

僕が思うに、

人間の味覚ってそんな簡単に変わらないのではないかしらん。

 

僕は生まれも育ちも日本なので生まれてこのかた日本食ばかり食べてきました。

 

誰も頼れる人がいない外国の地で自分の知っているものに出会うと何故か安心するんですよね。それに店員さんはだいたい日本人ですからこちらが日本人だとわかると日本語で対応してくれます。

 

日本食だけではなくて日本の物を販売している商店だったりダイソーもあります。

僕は手ぬぐいを買いました。手ぬぐい大好きです。

 

坂が多い(運動になる)

 

坂が多いからオークランドが嫌いと言いました。

 

しかし、なぜ僕が坂ギライなのか。

 

答えは簡単。疲れるから

 

しかしこれも裏を返せばよい運動になるということ!

Kiwiの人たちの体型ががっしりしているのは坂のおかげかもと思ったり(そんなことない)

 

 

おわりに

 

僕が1週間オークランドに滞在したときに感じた良いところはこんな感じです。

 

驚くほど内容が薄いですがこれは罪滅ぼしで仕方なく1週間しか滞在期間がなかったためです。

 

参考になれば幸いです。